高速バス日記

【タイ】政府は3日の閣議で、バンコク都庁の高速バス・システム(BRT)計画を承認した。シーロム・サトン地区のチョンノンシーからクルンテープ橋までの16.5キロに専用バスレーンを設け、08年前半から天然ガスバスを運行する予定だ。

 都庁は昨年、同事業の建設事業者入札を行い、地場のユニーク・エンジニアリング・アンド・コンストラクションが6.6億バーツの最低価格を提示した。閣議認可を受け、1月中に正式契約する見通し。工期は6カ月。

 BRT計画はアピラック・バンコク都知事(民主党副党首)が推進してきたが、ライバル政党の計画を嫌ったタクシン政権の支持が得られず、足踏み状態となっていた。2番目の高速バス路線として、ナワミン−カセート−モーチット(総延長19.5キロ)が検討されている。

新年明けましておめでとうございます。旧年中は当社高速バス(ツアーバス)をご愛顧頂き誠にありがとうございました。至らない点も多々ございましたとは思いますが、本年は更に安全・安価・快適なツアーの提供を目指し、改善を続けて参ります。本年は高速バス(ツアーバス)も新コースの設定等を予定しております。また、既存のツアーについても便数等見直しを続け、昨年以上にお得で便利な移動手段を皆様にお届けできるように努力して参りますので、ご愛顧下さいますようよろしくお願いいたします。

本年が皆様にとってよいお年になりますよう、スタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。